2018 サッカー ユニフォーム新作入荷しますので、ブログをご覧頂きありがとうございます。

Tag Archives: 2018ワールドカップ

2018ロシアワールドカップもうすぐ開催します!W杯について知っておきたい11のコト

① 開催地 ロシア 首都モスクワやソチを含む、11都市、計12の会場で試合が行われる。 日本との時差は4〜7時間で、平均-5.8時間。日本での放送は、21:00〜3:00スタートとなる。 ② 開催日時 6/14(木)〜7/15(日) 6月14日に開幕戦(グループステージ)、7/15日に決勝戦が行われる。 開幕戦は、開催国ロシアvsサウジアラビア ③ 出場国 各地域予選を勝ち抜いた、合計32カ国 本戦に出場するのは、ヨーロッパから14カ国、南米から5カ国、アフリカから5カ国、アジアから5カ国、北米から3カ国の計32カ国となる。 ④ 大会の方式 グループステージ→トーナメント ワールドカップではまず、グループリーグで対戦することになります。32ヶ国の出場国を、4チーム×8グループに分けて、総当たりのリーグ戦を行います。 その後、上位2チーム、合計16カ国が決勝トーナメントに進みます。 ロシアW杯のグループ 日本はH組! ⑤ 前回大会優勝国 ドイツ 2014年ブラジル大会、ドイツ代表は延長戦の末アルゼンチンを1-0で下し、4回目となるW杯優勝を決めた。 ⑥ 現在のサッカー国別世界ランキング 2018年5月現在の世界ランキング ドイツ、ブラジルがトップ2を保っており、トップ10にはベルギー・アルゼンチン・ポルトガル・スペインなどがランクインしている。 お気に入り詳細を見る…

2018ロシアワールドカップの見どころは?楽しみな対戦国の展望と考察

ロシアワールドカップの見どころ! 今回はロシアワールドカップのグループステージの見どころを紹介します。 楽しみな対戦カードの展望と考察をまとめてみました! サッカー界は強豪国とその他の差がなくなってきているというのは世界的な潮流と言われています。 日本代表もアジア予選で以前のような絶対的な強さを見せつけることは出来ませんでしたが、本大会は日本は強豪国相手に一泡吹かせる立場です。 209カ国が予選に参加して本大会に出場を果たした32カ国がどのような勢力図になるのか楽しみですね。 ちなみに国連加盟国は193ですから、どれだけ世界的なコンテンツなのかが分かりますね。 決勝は10億人が生視聴するワールドカップを世界一楽しむための予備知識だとおもって最後までご覧ください! 日本vsコロンビア【グループH】 日程:2018年6月19日 2014年ブラジルワールドカップでの屈辱から4年間が経ち私たち日本代表の初戦が始まります。 リベンジの相手はブラジルワールドカップ最後の相手コロンビア。 1-4の惨敗に終わったあの悔しさをぶつけるためにも自信を取り戻すためにも絶好の相手ですね。 気をつけたいのはハメス・ロドリゲス。 4年前もやられましたが右サイドからカットインしてくるドリブル、ミドルシュートともにワールドクラス。 バイタルエリアは長谷部誠選手を中心に固めたいですね。 また、エースストライカーのファルカオ選手も対人スキルが低いと言われる日本代表のセンターバックが試される相手です。 2対1の状況を作りチャレンジ&カバーを徹底したいですね。 実は、コロンビアは弱点もハメス・ロドリゲス選手とファルカオ選手だと思います。 守備意識が低いので攻撃から守備への切り替えが遅くボールを奪った後はかなりフリーにしてくれます。 ハリルホジッチ監督が狙うカウンターアタックは繰り出しやすい相手といえますね。 日本代表はワールドカップで南米相手に勝ったことがない(引き分けすらない)です。 理由は1対1に弱いからだと思っています。 ハリルホジッチ監督が強調し続けた「デュエル」の進歩を見せてこの4年間が無駄じゃなかったことを証明したいですね。 半分楽しみで半分は怖いです。 ロシアVSサウジアラビア【グループA】 日程:2018年6月15日 ロシアワールドカップ開幕戦となる1戦に開催国ロシアが登場。 プーチンも登場するでしょうし大会全体の盛り上がりや雰囲気を感じるには最高の試合となるでしょう。 この試合の注目ポイントはVAR!…

日本代表の歴代最強選手のまとめ一覧【MF・ボランチ編】

サッカー日本代表の歴代最強選手! 今回はボランチ編をお送りします。 代表で持てる力を発揮できた選手・もっとできたのにという選手まとめてみるとそれぞれに思い入れがありますね。 皆さんは誰が一番好みでしょうか? 歴代最強ボランチ候補となる選手をまとめてみました! どうぞ、ご覧ください! 遠藤保仁 長年ボランチとして君臨しトルシエからアギーレまで歴代代表監督に愛された名レジスタ。 国際Aマッチ 152試合 は歴代最多キャップ。 日本代表がショートパスでつなぐスタイルに変化していった時代にボールを散らしつつ縦パスをを入れラストパスを供給するスタイルでなくてはならない存在でしたね。 「ヤット」がいた時代の代表は面白かったという方は多いんじゃないでしょうか。 上から見えてるんじゃないかというほど絶妙のポジショニングでボールを受けてくれて、空いている場所に糸を引くようなパスを出してくれます。 玄人受けする選手。 落ち着き払ったプレーぶりが特徴的でキーパーの逆に転がすだけの「コロコロPK」は代名詞となりましたね。 森保一   愛称「ポイチ」。広島時代にオフトに見出され、オフトの代表監督就任とともに代表入り。 「オフトの申し子」と証されました。 派手さはないものの豊富な運動量と戦術理解度で中盤のバランサーとして活躍しました。 憎めない人柄でいつも一生懸命な姿が印象的です。 後に3度のJリーグ制覇を成し遂げるとは思ってもみなかったですが。 稲本潤一 ロングフィードとボール奪取力が持ち味の大型ボランチで、攻め上がりからのゴールも多くスケールの大きい選手でしたね。 2002日韓W杯での2ゴールはいつみても痺れます。当時から稲本ファンになった女性は多いのではないでしょうか? プレミアリーグでの活躍も印象的で最強アーセナルの時代に所属していただけでも凄いことです。 のちにフルハムで頑張ってましたね。 金髪のイメージが強く派手で華のあるボランチですね。 山口素弘…